ご挨拶

会長
会長
近藤 えり子

2022年度より、湘南学園後援会の会長を拝命いたしました近藤えり子と申します。
いつもあたたかいご支援・ご協力を賜り、湘南学園後援会を支えて頂きまして、大変有難く感謝申し上げます。

湘南学園後援会は、学園の様々な事業(PTAバザーへの参加・交換留学生の受け入れ・【旧ヤングアメリカンズ】現ハートグローバルをはじめ、英語力向上機会提供プログラムなど)学園生の学びやチャレンジのサポートをさせて頂いております。また、教育振興基金や食育への取組みの協力も行い、2018年には、学園卒業生保護者全員加入制に 基づく新たな運営を開始し、さらに湘南学園の魅力を高めようと活動しております。

これも、発足準備を含め、14年間、常に前向きに、けん引して くださいました冨田相談役・田辺前会長や諸先輩方の揺るぎ ない学園愛によるものと、心より感謝し、次世代へ繋いでいける よう、微力ながら尽力させて頂きたいと思います。

子どもたち一人一人を大切にし、個々の違いを楽しみ、共に いることを喜び合えるよう、すべてを調和させていくことが、 後援会活動の夢であり、希望であると考えております。 子どもたちに、愛と光を与えることが出来るよう、今後とも沢山 の笑顔と愛でご支援・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

後援会通信No12 への寄稿


What’s new


湘南学園後援会 会長 近藤 えり子

会長

この度、湘南学園後援会の会長を拝命致しました近藤えり子と申します。
いつもあたたかいご支援とご協力を賜り、湘南学園後援会を支えて頂きまして大変ありがたく感謝申し上げます。

湘南学園は、昭和8年の創立以来、子どもたちの個性を尊重した自主性を育む自由な教育により気品高く明朗な将来社会に役立つ人間を大きく育てるという建学の精神を守ってまいりました。
湘南学園後援会は、持続的な学園発展の為、これまで培われてきました「学園を側面からささえる風土」を大切にし、様々な形でこの学園をサポートし、今後の発展を見守って行く機運が高まり、2009年度湘南学園理事会の要請により、設立されました。

近年、新型コロナウィルスが猛威を振るい、世の中が一変してしまいました。もちろん子どもたちを巡る環境は大変難しさを増しています。
そのような中でも、湘南学園の子どもたちには、夢をもってほしいと願ってます。たとえ、どんなに生活が豊かであろうとも、明日や将来への夢がなければ、きっと味気ないものになるでしょう。
また、どんなに辛い時でも、将来の夢が描けるなら、きっと耐えることができるでしょう。
「明けない夜はない」「止まない雨もない」のですから。
後援会の目標の中に、『これまでの湘南学園の歴史を大切にし、学園を支える力を蓄積する媒体として機能する。』とあります。
皆様に見守られて育った湘南学園の子ども達の心は、優しさに満ち溢れてます。
歴代のすべての方々にお力添えを頂いたお陰で今があるのです。
子どもたち一人一人を大切にし、個々の違いを楽しみ、共にいることを喜び合えるように、すべてを調和させていくことが、後援会活動の夢であり希望でもあるのです。

湘南学園を大切にしてくださった湘南学園後援会の皆様に、心から感謝申し上げ、次の世代に向かい、子どもたちに愛と光を与えることが出来るよう、笑顔で取り組みたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2022年5月吉日