管理人 のすべての投稿

「繋がるバトン」

2022年3月吉日

後援会会長 田辺 真理

湘南学園後援会は、会員の皆様や学園関係者の方々のご理解やご協力を賜り、おかげさまで2022年度は設立から14年を迎えることになります。

 これまで学園の子ども達を愛し応援することで、微力ながらも学園の発展に貢献できればという思いで活動して参りました。その精神の根幹は、湘南学園PTAから受け継いでおります。

 私自身、過去長年のPTA活動の中で、子ども達が学園生活をいかに有意義に楽しく過ごせるか、どんな応援をすれば少しでも役に立てるかをいつも考えて活動しておりました。会議で遅く迄熱く議論し、イベント開催の準備をし、勿論苦難も沢山ありましたが、今では懐かしく感慨深い思い出ばかりです。そのPTA活動の中で得られたことは、子ども達から貰った沢山の笑顔と、先生方との信頼関係。中でも一番の宝物は、かけがえの無い大勢の仲間を得たことです。大変有難いことに、その大事な仲間とは今も尚、後援会で繋がっております。

 残念ながら、この二年間は新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、後援会が関わるイベント(PTAバザー・英語力向上支援・ヤングアメリカンズ等)は中止になり、後援会として本来の活動もままならない状況でありました。そんなコロナ禍の不自由な生活の中でも、学園の子ども達は、いかに楽しく有意義に過ごすか常に模索し、チャレンジする姿は、会議の中でも耳にすることがありますが、学園のホームページやSNS配信で見ることができます。子ども達の創意工夫や、各々の特質を生かして事を実現させる精神力は逞しさを感じます。そんな姿を見ると、何か応援できることは無いかとこちらもワクワクします。

 後援会は2022年度こそは、総会と延期されている講演会を開催したいと思っておりますが、年明けてからの、新型コロナウィルスオミクロン株の猛威を受け、集会での開催は次年度も叶わないかもしれません。その他のイベント予定も先が見えませんが、それは何処も同様です。希望を捨てず時期を待ちたいと思います。

 私事ではございますが、後援会設立当初より副会長として携わり、その後会長を四期務めさせて頂きましたが、2021年度を以って退任させて頂き、次世代に思いを繋げてバトンタッチ致します。このような繋がりを持てた湘南学園には感謝の言葉しかありません。その後は、後援会会員として学園の子ども達を見守り応援し続けたいと思います。

 末筆ではございますが、皆様のご多幸と湘南学園のさらなる発展をお祈り申し上げます。

〈湘南学園だより134号へ寄稿〉         

新型コロナウィルス感染症拡大前、2019年度バザーに後援会として参加

2020年・小学校ブリティッシュヒルズプレセミナーのサポート活動の件

今年度のブリティッシュヒルズセミナーのプレセミナーは、当初12月7日(月)の小学校のびのびタイムの時間帯に行われることになっておりましたが、新型コロナの感染再拡大を考慮し集まってのプレセミナーは直前で中止判断となりました。
そのため、小学校ではロイロノートというオンライン教材配信用ツールを用い、ブリティッシュヒルズセミナーでの心得や使えるフレーズを配信し、参加児童は配信したものを利用できるようになりました。
このような状況下で、後援会からは、本件担当の副会長・徳光より、昨年度のプレセミナー時のような、子供達の英語学習への興味・動機づけにつながるようなメッセージを短い動画として提供させて頂き、12月8日(火)より小学校にて配信されました。
来年度は、再び対面でお茶屋お菓子とともに、プレセミナーの英会話ボランティアを後援会としてお手伝いできることを祈っております。